ラーメン店情報

支那そばやのラーメンはうまい?まずい?口コミでのリアルな評判から検証!

支那そば まずい うまい 口コミ 評判

 

日本の国民食とも言われるラーメン。

日本に入ってきてから今日に至るまで、何度もブームが起きていますね。

その中で、有名店と呼ばれるようなお店がいくつも誕生しました。

そのうちの一軒が「支那そばや」です。

「ラーメンの鬼」と呼ばれた、佐野実さんが創業したお店です。

 

佐野さんがTV番組に出演したことで、店主の佐野さんともども有名になりました。

2014年に佐野さんが亡くなられた後も、奥様やお弟子さんたちが後を引き継いでいます。

支那そばやのラーメンは多くの人に愛される一方・・・

まずいという評価を下されることも少なくないようです。

いくらラーメンは好みが分かれるといっても、あまりに評価が分かれると、

「本当のところはどっちなの?」と疑問に思いますよね。

支那そばやの評価に注目します!

 

スポンサーリンク

 

 

支那そばやってどんなお店?

支那そばやは、1986年に佐野実さんが立ち上げたお店です。

創業は神奈川県の藤沢市で、現在は横浜市の戸塚区に本店を構えています。

そのほか、佐野さんからのれん分けされたお弟子さんたちが、日本全国に支店を出しています。

その大きな特徴は、以下の通り。

  • 「私語禁止」「香水禁止」などの厳しいルール
  • 佐野さん自身が選び抜いた、こだわりの材料

特にお客への厳しいルールは、TV番組で佐野さんが見せる厳しい姿と相まって、支那そばやの代名詞になっていました。

このルール、もともとはお店のラーメンをベストな状態で味わってほしいという、佐野さんのこだわりから生まれたそうです。

お客には麺がのびないうちに食べてほしい、味だけではなくラーメンの香りも楽しんでほしい。

食べる側にもこうしたマナーが必要と佐野さんは考えていたようです。

 

支那そばやのラーメンはどんな味?

支那そばやの人気メニューは、醤油味と塩味です。

どちらもあっさりした味わいで、昔ながらの中華そばという印象が強いです。

具材は刻みネギに海苔、チャーシューとシンプル。

自家製の麺に、山水地鶏という専用の地鶏からとったスープ、三元豚のチャーシューなど、佐野さん自身が追求し、選び抜いた素材が使われています。

 

そして、厳選されているのは、食材だけではありません。

同じラーメンのどんぶりでも、醤油ラーメン用はスープが冷めにくいように深めの形状、塩ラーメン用はスープが流れやすい形状と、味によって専用のどんぶりが使われています。

どこまでも良いものを追求する、佐野さんの姿勢が色々なところに表れていますね。

 

スポンサーリンク

 

根強い人気の理由とは

支那そばやが長く愛されてきた理由は、佐野さんのこだわりにあります。

高評価の口コミを見ると、麺もスープも具材も全部おいしいという内容が多いです。

麺とスープが両方美味しいラーメン屋は数多いですがチャーシューもメンマも、そしてネギや海苔まで美味しいと思えたラーメン屋は初めてでした。ラーメンデータベースより

スープを飲んだ時の旨味、小麦粉をふんだんに感じられる麺、そして、今まで食べたことのない、最高の旨味を感じられるメンマ。ラーメンデータベースより

ここまで評価されるラーメンを生み出したのが、佐野さんのこだわりです。

確かにあっさりした醤油味や、昔ながらの中華そばを好む人は多いものの、他に何か特徴がなければ競争の厳しいラーメン業界では生き残れないでしょう。

支那そばやの味は、そのまま佐野さんのこだわりや研究の成果だとも言えます。

佐野氏ってテレビで何度か見て、頑固そうなオヤジだなっという印象を持っていて、だからラーメンも古くさい味なのかな?って思っていた。
だけど、食べてみたら昔ながらの醤油ラーメンを進化させたような美味しい味であった。 食べログ口コミより

味そのものと、それを生み出した佐野さんの姿勢との両方が人気の理由なのでしょうね。

 

なぜ評価が分かれるのか?

人気の一方で、支那そばやにはあまり良くない評判があるのも事実です。

不評な点としては、

  • 値段が高い
  • あっさりし過ぎて物足りない
  • 特徴がなく印象に残らない

などが多く挙がっています。

値段は一番安いものでも850円と、ラーメンの相場よりもやや高めです。

こだわりの材料を揃えているだけに、価格が高くなるのは仕方ない、といったところでしょうか。

ただし、「高いわりに美味しくない」と、コストパフォーマンス面で不満を感じる声が聞かれます。

超期待していたのとコストパフォーマンスを考えると、若干物足りなさを感じました。

食べログ口コミより

また、食材全てを厳選していると、麺やスープ、具材のどれかが飛びぬけて美味しい、という評価にはなりにくいようです。

特徴がない、印象に残らないというのはこの辺りに理由があるのかもしれません。

味の印象は好みの問題とはいえ、値段が高いのに印象は薄い、となると不満に感じる人がいるのも仕方のない話です。

それにしても、家系や背脂系、二郎系などの過激な味付けに慣れてしまった結果と言えなくもなさそうですけどね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は支那そばやの評判についてご紹介しました。

口コミやレビューを見ていくと、創業者の佐野さんがこだわったポイントが、良くも悪くも特徴になっていました。

味の好みや、合う合わないという観点で評価が分かれるのは、ある意味では仕方ないところです。

それでも客足が絶えないのは、長年多くの人を引き付けるほどの魅力があるという、何よりの証拠かもしれません。

そういう意味では、一度は食べてみる価値のあるラーメンです。

最高の一杯を目指したラーメンの鬼のこだわり、ぜひ一度味わってみてください。



-ラーメン店情報
-, , , ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.