ラーメン店情報

ラーメン食べ放題のお店が東京浅草に…え!?半年で閉店?理由はどこに

更新日:

ラーメン 食べ放題 東京 浅草

最近では色々なジャンルの食べ放題があります。

王道焼肉食べ放題や女子に人気のケーキバイキング、不定期で開催されている『ケンタッキーの食べ放題』なんかも話題になりましたよね。

そんな食べ放題の中で、異色を放つ食べ放題があります。

それは【ラーメン食べ放題】

『ラーメンなんて一杯食ったら腹いっぱいだろ』と言いたくなりそうですが、ラーメン好きにはたまらないサービスです。

カロリー?健康?

ラーメン好きにはそんな言葉、無粋ってもんですよ(笑)

 

スポンサーリンク

 

 

拉麺ビュッフェBUTAとは

東京浅草に2017年3月にオープンした『拉麺ビュッフェBUTA』の最大の特徴は・・・

ビュッフェ形式であるということにあります。

ビュッフェ、すなわちラーメンの食べ放題です。

好きなだけ食べても一律料金で、しかも格安と言うこともあり、オープン直後からネットでも何かと話題になっています。

店名の『BUTA』というワードが胸に突き刺さりますが、ラーメン好きにはむしろ『褒め言葉』です(笑)

 

ラーメン食べ放題のシステムはどんな感じ?

制限時間は30分。

そして料金は980円(税別)です!

1000円ちょいでラーメンを食べ放題なんです。

お店によってはトッピングもろもろつければ1000円を超すことも少なくありません。

そう考えると、かなり良心的な料金設定ですよね。

 

ちなみにシステムはトッピングを選び、麺の硬さを注文して、お好みでトッピングを載せて食す。

そして好きなだけお代わりできるという一般的な食べ放題と同じようなシステムですね。

食べ易いやや少なめの麺量がありがたい

麺の量は少なめの60gです。

一人前120g~150gぐらいのお店が多いため、半玉ぐらいの量が標準です。

ただ半玉にしてくれているため、様々なトッピングを試すことが出来るのが嬉しいですね。

スープのお代わりもいいぞ

お代わりできるのは当然、麺だけではなくスープもお代わり自由です。

お代わりの際は、麺だけ、もしくは麺とスープを注文します。

スープは豚骨ベースで、万人受けする美味しさです。

豊富なトッピングも食べ放題

そして注目すべきが『トッピング』です。

チャーシュー、ナルト、煮卵などの一般的なトッピングはもちろんのこと、角煮やマーボー豆腐などのトッピングもあり、種類がとにかく豊富です!

しかもトッピングもお替り自由!

店内には白ご飯もあり、チャーシュー丼なんかも作ることができ、まさに私のような中年太り・食べ盛りの人には天国のようなサービスです。

 

スポンサーリンク

 

【悲報】拉麺ビュッフェBUTA閉店w

しかし非常に残念なお知らせですが、拉麺ビュッフェBUTAは2017年10月に【閉店】しました(汗)

わずか半年という短い営業期間でしたが、あまりにお客に有利なサービスであったせいでしょうか・・・

残念以外の言葉が見つかりません。

まぁ、同店のシステムは結構話題にはなっていたので、同システムのお店が新たに登場することを願うのみです。

 

他の食べ放題(?)のお店

BUTAは閉店してしまったものの、類似(?)のサービスを始めるお店もあります。

2017年11月1日より【野郎ラーメン】が『月額8600円の定額サービス』を始めます。

食べ放題ではないのですが、8600円/月の料金で、1日1杯ラーメンを食べられるということです。

つまり最大31杯が8600円なので、1杯あたり約277円になる計算です。

 

食べられる種類は『豚骨野郎(780円)』『汁なし野郎(830円)』『味噌野郎(880円)』なので、かなりお得ですね。

月に10回ほど行けば元を取れる計算になります。

ちなみにキリがいいのか悪いのかよく分からない8600円という値段設定ですが、『野郎(ヤロウ)』という店名のゴロ合わせです(笑)

詳しくはコチラ↓

「1日一杯野郎ラーメン生活」をアプリで始動

 

スポンサーリンク

 

まとめ

画期的な食べ放題システムの拉麺ビュッフェBUTAは閉店してしまいました。

願わくば同じようなシステムのお店が『全国で』登場するのを願うのみです・・・

それにしても話題のお店って関東のお店ばっかりなんですよね、関西やそのほかの地域でも、どんどん登場してほしい(切実)



-ラーメン店情報
-, , ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.