ラーメン知識

ラーメンの歴史まとめ『えっそんな時代から食べられてたの!?』

更新日:

ラーメン 歴史

日本のファーストフードの一つであるラーメン。

しかし、もともとは中華料理の一つです。

 

今では、日本のラーメンは中華ではなく、日本食と捉える外国人も少なくなく、日本独自の進化を遂げてきたと言えます。

 

今回は今や日本食の一つとなったラーメンの歴史を紐解いていきたいと思います。

ということで、
ラーメンの歴史まとめ『えっそんな時代から食べられてたの!?』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

室町時代には既に・・・!?

日本で初めてラーメンを食べたのは、水戸黄門様でお馴染みの徳川光圀(水戸光圀)と長年考えられてきました。

記録によると1697年(江戸時代)、徳川光圀を接待する際に、儒学者朱舜水が自国の汁麺としてラーメンを振る舞ったとされています。

 

しかし・・・

徳川光圀が食べるよりも、遥か昔にラーメンが日本で食べられたという記録が、2017年になってから発見されました。

それは今から、500年以上も昔の1488年(室町時代)です。

 

記録によると、中国の家庭百科事典である『居家必要事類』という本に書かれたレシピを参考に『経帯麺』と呼ばれる料理を客人に振る舞ったようです。

この『経帯麺』のレシピが、現在のラーメンの麺のレシピとほぼ同じということが判明しました。

このことから『ラーメンを最初に食べたのは室町時代』という可能性が、現在では考えられています。

参考:ラーメン博物館より

 

ラーメン普及の歴史

ラーメン普及の始まり

ラーメンが日本に伝わったのは、室町時代、遅くとも江戸時代と考えられますが、一般庶民が食べるようになるのは、さらに時代が進んだ『明治時代に入ってから』です。

 

一般的に食べるようになったきっかけは、神戸や横浜の中華街で、中国人料理人が販売を始めたことがきっかけでした。

しかし当時は『ラーメン』ではなく『南京そば』という名称です。

>>>ラーメン呼び方の歴史

 

その後、中華街からコックをスカウトし、東京浅草に日本初のラーメン店『来々軒』がオープンします。

来々軒での呼び名は『支那そば』でした。

 

ラーメンを全国区にしたキッカケ

中華街から始まったラーメンは東京に伝わり、その後、全国へと広がっていきます。

この全国区になるきっかけの一つとして1923年『関東大震災』が挙げられます。

 

関東大震災により、多くの建物が倒壊してしまいました。

そのため、通常の店舗形態とは異なる【屋台】形式のお店が増え、移動販売が可能なラーメン屋台が関東から、全国へと広まるようになります。

 

戦後の食糧難とラーメン

全国に広まったラーメンの人気をさらに加速させ、一般的に定着させたのは・・・

【戦後の食糧難】でした。

戦後、中国から引き揚げてきた多くの人たちは、中国でラーメンのレシピを覚えて帰ってきたのです。

 

また戦後は、物資が少なく食糧難の時代でしたが、安価な材料で栄養豊富なラーメンを作ることができたということで、全国各地で闇市が誕生し、ラーメンが人気商品となりました。

ある意味で、戦後の日本の食事情を支えた立役者はラーメンだったということです。

 

『ラーメン』を一般的にした不朽の名作

このようにして、全国に定着したラーメンですが、全国区になった当初から戦後間もない頃まで『中華そば』と呼ばれていました。

現在のように『ラーメン』の呼称が一般的になるのは、1958年に初のインスタントラーメンである【日清チキンラーメン】販売されたことがきっかけでした。

>>>『ラーメン』と『中華そば』の違いはコレ!!味や見た目も・・・

 

スポンサーリンク

 

ご当地ラーメンの登場

全国的に広がり、日本に定着したラーメンですが・・・

そのおかげで全国各地で地名を冠した【ご当地ラーメン】が乱立し始めます。

 

しかしこれは、地域でまとまって行ったものではなく、多くのお店が勝手に地名を冠したラーメンの販売を開始したため、同一地域名でも、統一した特徴を持たないケースもあります。

 

現在でも有名なものとしては、博多ラーメン、熊本ラーメン、東京ラーメン、札幌ラーメンなどがありますね。

ただ、東京ラーメンに関しては、ご当地ラーメンというよりは、日本ラーメンの元祖と言うべきかもしれませんが(汗)

 

ラーメン戦国時代へ突入

インスタント麺戦国時代

こうして戦後、全国に定着したラーメンですが、チキンラーメンの発売以降、1960年代には各社もインスタント麺の販売を開始します。

有名どころでいうと、エースコックのワンタンメンは1963年、サンヨー食品のサッポロ一番と明星のチャルメラは1966年に発売を開始しました。

 

そしてインスタント麺業界に、激震を与えたのが1971年【日清カップヌードル】の発売です。

このカップヌードルに関しては『20世紀における日本人がした最も偉大な発明』とも言われるほどの功績です。

>>>即席麺売上ランキングまとめ!第1位のシェアがヤバ過ぎwwwワロタwww

 

近代における多種多様なラーメン系統の乱立

2000年前後あたりから、従来のラーメンに対して、店舗独自のアレンジを加えたラーメン店が爆発的に増加します。

 

その中でも、とりわけ人気の高いお店は暖簾分けをしたり、もしくは他店が人気店をインスパイアして新たにお店をオープンするなどして、似た系統のお店ができてくるようになりました。

これらは【○○系】という系統でラーメンファンの間で分類され、ラーメン業界内で人気店がしのぎを削っています。

 

まさに今、ラーメン戦国時代の真っただ中というわけですね。

>>>○○系ラーメンまとめ【系統と種類】が多過ぎる!?意味を徹底解説!

 

中国の拉麺と日本のラーメンの違い

ここまで説明してきたように日本のラーメンの起源は中華料理です。

そして日本に伝わった中華麺の歴史は古く、紀元前にも遡ります。

 

しかし最後に、中国の拉麺(ラーメン)と日本のラーメンは根本的に違うということを説明しておきます。

中国における拉麺とは料理名というよりは、【麺の種類】を表現した名称です。

日本における『そば、うどん、そうめん』といったところなのです。

 

そして拉麺の本来の意味は『引っ張ってつくった麺』です。

日本のラーメンのように、生地を薄く延ばし、包丁で切った『切麺』ではなく、記事を伸ばして伸ばして伸ばして、細く長くしたものが、中国における拉麺です。

日本でいうなら『手延べそうめん』と似た作り方なんですね。

 

日本では『ラーメン』と呼んでいますが、中国の拉麺がそのまま日本に伝わったわけではなく、中華料理の汁麺が日本に伝わり、さまざまな発展を遂げて、日本におけるラーメンと呼ばれるようになったということですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

日本で人気のラーメンは、もともとは中華料理でした。

中華料理であるラーメンを一般人が食べ始めたのは中華街で、その後、関東大震災や戦後をきっかけにラーメンは全国に広まることとなりました。

 

現在では、さまざまなアレンジが加えられ、ラーメンは中華料理から、新たな日本食の一つと呼べるまで進化したといっても過言ではありません。

個人的には中国にとっての日本のラーメンは、日本にとってのカルフォルニアロールみたいなものかなと思います。

カルフォルニアロールはもはや寿司ではありませんからね(笑)

 



-ラーメン知識
-,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.