そば

もりそばとざるそばの違いとは『その由来にはせいろそばも関係し・・・?』

更新日:

もりそば ざるそば 違い

 

私は仕事の休憩中など、まとめサイトを見ながら過ごすことが多いのですが・・・

先日、まとめサイトを見ていて気になるものを見つけました。

 

【もりそばとざるそばの違いは~】

 

確かに蕎麦屋に行くと、ざるそばだったり、もりそばだったりがあります。

私の認識では、どちらもつけ汁につけて食べるお蕎麦で、単に呼び方が違うだけと思っていたのですが・・・

違う料理なの?

 

そこで今回は、
もりそばとざるそばの違いとは『その由来にはせいろそばも関係し・・・?』
をお送りします。

 

 

スポンサーリンク

 

蕎麦の歴史

『ざるそばともりそばの違い』に関しては、それぞれの誕生後の経緯が、大きく関係しています。

 

大元の、『現在のそば食誕生の歴史について』は別の記事でまとめているので、そちらを参照して下さい。

>>>そばの歴史と由来まとめ『日本蕎麦が確立した年代とは』

 

今回、重要となるのは蕎麦が誕生した後の歴史です。

 

ぶっかけそばの誕生

日本の蕎麦の歴史は古くからありますが、現在の蕎麦と近い形に落ち着いたのは、江戸時代に流行した『そば切り』です。

そば切りとは、麺状の蕎麦をつゆにつけて食べる【つけそば】形式の料理でした。

 

しかし、「いちいち汁につけるの面倒じゃね?」ということで、つけ汁を蕎麦麺にぶっかけた『ぶっかけ蕎麦』が登場します。

 

ぶっかけとの差別化で生まれた『盛り』

ぶっかけ蕎麦が誕生すると困るのが『そば切り』の方です。

そもそも、そば切りの意味は『蕎麦の実で作った生地を切ったもの』ということです。

 

蕎麦は当初、麺状ではなく【そばがき】と呼ばれる餅状のものが食べられていました。

餅状の蕎麦を薄く伸ばし、切って麺状にしたものが、そば切りです。

 

そのため、ぶっかけ蕎麦誕生後、そば切りと言うと、麺つゆをぶっかけたものなのか、麺つゆにつけるものなのかが分からなくなってしまいます。

そこで生まれたのが【もりそば】という名称です。

 

『器に蕎麦麺が盛られていて、それを麺つゆにつけて食べる』ということで、従来のそば切りは『もりそば』と呼ばれるようになりました。

 

ざるそばはもりそばの派生?

こうして『ぶっかけそば』と『もりそば』という名称が誕生しましたが、後にもりそばにアレンジを加えるお店が登場します。

 

「もりそばを竹ザルに盛り付けたら、涼しげじゃね?」ということで、器をザルに変えた蕎麦が誕生します。

ご存知、【ざるそば】です。

 

ただ、単純に器を変えるだけではなく、もりそばからの付加価値として、麺つゆの味を甘みを強くしたりしました。

加えて器以外の見た目の違いとして、ざるそばには『海苔を乗せる』という文化が誕生しました。

 

蕎麦屋の工夫(?)から生まれた『せいろそば』

もりそば、ざるそばに加えて、違いが分かりにくいものに【せいろそば】があります。

このせいろそばの誕生に関しては諸説ありますが、いずれの説も蕎麦屋の工夫(?)から生まれたというものです。

 

1.『調理法から』説

一つ目の説は、蕎麦は茹でると切れやすいため、蒸して作るという手法がとられていました。

この時に蒸籠(せいろう)に入れて蒸していたため、その蒸籠のまま出すから『せいろそば』と呼んだという説です。

 

2.『運搬上から』説

二つ目の説は、蒸籠なら重ねて運ぶことができるからというものです。

もりそばやざるそばは山のように盛り付けたり、器の形状から重ねて運ぶことができません。

しかし、蒸籠の場合、重ねることができ、また重ねても安定するため、重ねて運びやすいというメリットがあります。

 

3.『料金設定から』説

三つ目の説は、蕎麦の値上げのために蒸籠に入れて出したというものです。

諸説ある中でも、この説が有力かなと思います。

 

当初、蕎麦は庶民の食べ物として安価に提供されていました。

しかし蕎麦の人気が加速してきたこともあり、蕎麦屋が値上げをしたいと幕府に申し出たところ・・・

江戸幕府からは、値上げはダメだと言われてしまいます。

 

今でも、牛丼、ビール、たばこの値上げは話題になり、愛食、愛飲、愛煙家からは不満の声が上がりますからね。

今も昔も同じ話ということです。

 

しかし、単純な値上げはNGでも、値段据え置きで、量を減らす『実質値上げ』に関してはOKの判断が下ります。

こちらはうまい棒と同じ方式での値上げですね。

価格は変わっていませんが、私が子供の頃よりもうまい棒は細く短くなってしまいました(悲)

 

しかし、今まで通りの提供の仕方では量が減ったのが目に見えてしまう、、、

ということで考えられたのが、『蒸籠に入れて提供する』という方式です。

蒸籠の場合、底が高いため量を減らしても見栄えは変わりませんからね。

 

以上の理由から、蒸籠が器に採用されました。

しかし従来と同じ『もりそば』と呼ぶと、量が減ったことに気づいた客からクレームが入るかもしれない、、、ということで、『せいろそば』という別の名前で売り出すことになったというわけです。

 

スポンサーリンク

 

現代における『もりそば、ざるそば、せいろそば』の違い

それぞれの由来は異なります。

また、ざるそばに関しては、もりそばを高付加価値にアレンジしたということもあり、歴史的にはざるそばの方が、少しいい蕎麦粉を使っていたり、麺つゆが甘めになっていたりという味の違いがあります。

 

それぞれの誕生背景から違いを挙げるならば、

  • もりそばは皿に盛られたつけ蕎麦
  • ざるそばはザルに盛られていて、海苔がトッピングされ、麺つゆは甘め
  • ざるそばは少し高めの値段設定
  • せいろそばは蒸籠に盛られたもりそば

といったところでしょうか。

 

しかし、現代においては、それぞれの違いは単に【器の違いだけ】と言っても問題ないかと思います。

と言うのも、『もりそば、ざるそば、せいろそば』を同時に扱ってるお店は多くありません。

そのためそれぞれを比較しようにも、器の種類が違うぐらいしか言えませんからね(汗)

 

それに、ざるそばと言いながらも、せいろ風の器で出てくるお店も多数ですし。

鴨“せいろ”だけ、せいろの名前がついているが、結局、器はざるそばももりそばも変わらない、なんてお店もありますからね。

 

唯一、その他に決定的な違いがあるとすれば【海苔】です。

海苔をトッピングするという方式は、ざるそばがきっかけで始まりました。

 

そのため、ざるそばには必ず海苔があります。

一方、もりそばやせいろそばには、多くの場合、海苔がありません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「ざるそば」と「もりそば」、あとついでに、「せいろそば」の違いは、それぞれの誕生の由来が関係しています。

現在においては、それぞれには『器』の違いぐらいしかありませんが、一応、『ざるそばには海苔があることがほとんど』という特徴もあります。

(戸隠そばには海苔がのらない場合も・・・)

 

ちなみに、どこの店かは忘れましたが、かつて『ざるそば』と『せいろそば』の両方があるお店に行ったことがあります。

その時に「どう違うんですか?」と尋ねたら、「器が違うぐらいです」と店員さんに言われた記憶があります。

 

何となく雰囲気がありそうな『せいろそば』を頼んだのですが、そのお店は【せいろそばの方が少し高かった】ですね。

 

本来、由来的には・・・

価格は、『ざるそば>もりそば≧せいろそば』となるはずですが、、、もしかしてぼったくりだった!?笑



-そば
-, ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.