そば

そばの歴史と由来まとめ『日本蕎麦が確立した年代とは』

更新日:

そば 歴史 由来

代表的な日本食の一つ、【蕎麦】

なんとなく古くからある、伝統の日本食なイメージがありますが、あたなはその歴史や由来をご存知ですか?

 

今回は、そばの歴史を簡単にまとめてみたいと思います!

ということで、
そばの歴史と由来まとめ『日本蕎麦が確立した年代とは』
をお送りします。

>>>『年越しそば』うどんじゃダメなの?歴史と由来が諸説多過ぎ・・・

 

スポンサーリンク

 

 

『ソバ』読み方による違い

初めに『ソバ』と『そば』と『蕎麦』の違いについて簡単に説明しておきます。

歴史とは直接関係ありませんが、誤解を招かない為の説明です。

 

まず、『ソバ』は原料となる穀物の名称であり、材料名です。

そして『そば』と『蕎麦』が料理名になります。

 

次に、『そば』と『蕎麦』の違いです。

どちらも同じに見えますが、厳密には異なるのです。

 

『蕎麦』は『そば』ですが、『そば』は『蕎麦』とは限りません。

このように書くと何言っているのか意味わかりませんね(笑)

 

もう少し分かりやすく言うと・・・

『蕎麦』はいわゆる【日本蕎麦】であるのに対し、『そば』は【麺料理全般】に使われる名称だからです。

 

わかりやすい例を挙げると、『焼きそば』や『ソーキそば』、『中華そば』などが挙げられます。

これらは『そば』とは言いつつも、もちろん『ソバ』を使って作ったものではありません。

 

日本蕎麦の影響で、麺料理全般を『そば』と表現することがありますが、この場合、表記は『ひらがな』で書かれることが一般的です。

今回は麺料理全般を指す『そば』ではなく、日本蕎麦を指す『蕎麦』の歴史についてのお話です。

 

蕎麦の歴史と起源

日本蕎麦の発祥、起源については諸説ありまして・・・

残念ながら、コレだ!という確かな年代は不明です。

 

しかし、蕎麦の原料となるソバが日本に伝わったのは『奈良時代以前であった』という記録が残っているため、遅くとも奈良時代には蕎麦の起源があったことがわかります。

 

また、縄文土器から蕎麦料理を食べていたらしき形跡も見つかっているため、日本初期からある料理だった可能性もあります。

時代を追ってみていきましょう。

 

初期の蕎麦は

今では蕎麦というと、代表的な日本の麺料理ですが、その起源は麺ではありませんでした。

粒のまま粥にしたり、【蕎麦がき】と呼ばれる、蕎麦粉で作った餅状のものを蕎麦として食べていたものが、現在の麺料理である蕎麦の由来です。

 

私も食べたことはありませんが、今でも蕎麦がきを酒のつまみとして提供している蕎麦屋なんかもあるようです。

 

 

現在の日本蕎麦が確立したのは

餅状の蕎麦がきではなく、麺料理としての蕎麦は『蕎麦を切ったもの』という意味で【蕎麦切り】と呼ばれています。

今では『蕎麦=蕎麦切り』の意味で使われることがほとんどですが、正しくは『蕎麦切り』という名称になる訳です。

 

この蕎麦切りの始まりは、平安時代~安土桃山時代という話。

しかし最古の記録では、1574年でやっと登場します。

 

1574年に長野県にあるお寺の修復工事で『蕎麦切りが振る舞われた』との記録が残っているのです。

その当時に蕎麦切りが存在していた証拠ですね。

 

この蕎麦切りの発祥地としては諸説ありますが、長野県、もしくは山梨県とされることが多いため、ざっくりと【甲信地方が発祥】ということだと思います。

 

スポンサーリンク

 

日本蕎麦が普及した時代とは

蕎麦がきから蕎麦切りへと変化を遂げた蕎麦ですが、一般的に普及し始めたのは、江戸時代中期頃と考えられています。

それまでは蕎麦がきが一般的に食べられていたようですが、江戸時代中期以降、江戸を中心に蕎麦切りが普及を始めます。

 

また、今では麺料理の中でも、お上品で少しお高いイメージのある蕎麦ですが、江戸時代中期以降、将軍への献上品の一つとして蕎麦が献上されたという記録も残っています。

日常的に食べる食として一般に普及したとは言っても、献上品の一つとなり得る程の地位も確立していたということがわかります。

 

ちなみに、平安時代には、蕎麦がきを振る舞われた上流階級の歌人が蕎麦のことを『食膳にも据えかねる料理(=食べ物ではない)』と歌っています(汗)

時代と共にモノの価値は大きく変わるんですね、、、

 

東は蕎麦、西はうどん

ちなみに日本食の麺料理には蕎麦以外にも【うどん】があります。

 

うどんと言えば『香川県』の讃岐うどんを思い浮かべますよね。

そして蕎麦切りは江戸(東京)を中心に一般的に普及が始まりました。

 

このことから、『西日本はうどん、東日本は蕎麦』という日本の麺文化が東西で分かれている傾向にあると言われることが多いです。

この件に関しては様々な意見があると思いますが、個人的な印象として、確かに西日本には蕎麦屋よりもうどん屋の方が多く、東日本にはうどん屋よりも蕎麦屋の方が多いです。

 

当然、地域によって例外もありますが、西日本から東日本に移り住んだ時に、蕎麦屋の多さに驚いた記憶があります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

蕎麦料理の歴史はかなり古く、縄文時代から蕎麦料理を食べていた可能性もあります。

しかし、蕎麦切りと呼ばれる現代の麺料理としての蕎麦が、一般的に普及し始めたのは江戸時代に入ってからと考えられています。

 

ちなみに、私は中高生ぐらいの頃、蕎麦が好きで、たらふく食える『わんこ蕎麦』を食べるのが夢でした。

未だにその夢は叶っていませんが、もう30超えた未だと、そんなに食べられないんだろうなぁ、、

>>>わんこそばギネス世界記録がヤバイ!!平均杯数の【○○倍!?】



-そば
-, ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.