ラーメン知識

豚肉料理の違い【チャーシュー/ハム/ベーコン】どこが違うの?

更新日:

チャーシュー ハム ベーコン 違い

 

お中元、お歳暮の定番商品には色々ありますが、その1つが『ハムの詰合せ』ではないでしょうか?

ビールも嬉しいのですが、つまみも欲しくなりますから、ハムの詰合せは非常に嬉しいです。

>>>ギフトに使う?オリーブ燻製ハムや焼き豚のお取寄せ通販【オリーブの島のお肉屋さん】

 

でも、ハムの詰合せってよくよく見てみると、『ハム』以外にも『ベーコン』や『チャーシュー』も入っていることが多いです。

どれも美味しいですが、よく似ているこれらの食品、どこが違うのかご存知ですか?

ということで、
豚肉料理の違い【チャーシュー/ハム/ベーコン】どこが違うの?
をお送りします。

>>>ラーメンに合う!うまいチャーシューお取り寄せ人気ランキング

 

スポンサーリンク

 

 

チャーシュー、ハム、ベーコンの違い

まずそれぞれの材料となる肉ですが、これは共通して『豚肉』を使用しています。

3つの違いは主に【作り方の違い】が大きく関係しています。

 

チャーシューは字の通り

チャーシューとは漢字で書くと『焼豚』です。

醤油や砂糖などの、『甘辛いタレなどで味付けした豚肉をオーブンなどの炉で焼いたもの』が、チャーシューになります。

 

また、さらにややこしい話で、焼豚と似た食べ物に『煮豚』があります。

煮豚も、チャーシューと同じく、その字の通り、『豚肉を味のついた甘辛いタレで煮詰めたもの』が煮豚です。

 

両者は作り方が明確に違うのですが、同一として扱われることも少なくありません。

チャーシューと言えばラーメンがお馴染みですが、ラーメン屋によっては『煮豚』を『焼豚』として提供していることもあります。

 

どちらも味は似ているため、焼豚か煮豚かの判別は難しいですが、表面に『ネットの網目』がないものは、焼豚である可能性が高いです。

というのも、煮豚は煮崩れを防ぐために、豚肉をネットで包んで調理することがほとんどです。

 

まぁラーメンのトッピングで薄切りされたものの場合、網目があるかどうかの判別は難しいですけどね(笑)

ラーメン店では、こういう網目まで見られませんからねw

 

ハムとベーコンの製法の違い

一方、ハムやベーコンはというと・・・

塩で味付けされることが一般的です。

チャーシューとの、大きな違いの一つが味付けですね。

チャーシューは醤油ベース、ハムやベーコンは塩がベースになっています。

 

では、ハムとベーコンの違いが何かというと、定義付けには色々とあると思いますが、日本で一般的に出回るもので言うなれば、主に使われる肉の部位と調理方法が違います。

 

ハムはロースやモモ肉を主に使いそれぞれ『ロースハム』『ボンレスハム』と呼ばれます。

一方、ベーコンは『バラ肉』を使っています。

上記はあくまで主なものなので、ハムでもバラ肉を使った『ベリーハム』や、ベーコンでも肩ロースを使った『ショルダーベーコン』などもありますが、少数派ですね。

 

主に使用する部位以外の違いとしては、作り方も違います。

肉をお湯で加熱して作るのがハムで、燻製して作るのがベーコンです。

上記の違いからハムの方が脂身の少ないあっさりとした味わいで、ベーコンの方が、脂身が多く、香ばしい味わいになっています。

 

スポンサーリンク

 

生ハムと生ベーコン

上記で説明したハムの特徴とは別のもので『ハム』と呼ばれるものがあります。

例えば鶏胸肉で作る主婦に人気の『鶏ハム』や、女子が大好き『生ハム』ですね。

 

生ハムならぬ生ベーコンもある

生ハムは一般的に知名度が高く、多くの人が食べたことがあると思います。

しかし、あまり聞きなれない言葉ですが、世の中には生ベーコンもあるって知っていましたか?

 

ただ、日本で生ベーコンと呼ばれることは少なく、多くの場合、『パンチェッタ』と呼ばれています。

一方、一般的によく言う生ハムとは『プロシュート(プロシュット)』とも呼ばれる食べ物です。

どちらも『生』とついているので、非加熱調理された食材です。

また、共に上記の名前はイタリア語になります。

※厳密には、生ハムとプロシュートは、多少ニュアンスが異なってきます。

>>>プロシュートと生ハムの違いとは『地方と製法に秘密が・・・』

 

余談ですが、有名な少年漫画、ジョジョの奇妙な冒険にはプロシュート兄貴というキャラクターが出てきます。

要は・・・生ハム兄貴www

>>>ジョジョ【三大兄貴】とは?四代目に食い込む新キャラはコイツだ!!

 

作り方は豚肉を塩漬けし、その後、ひたすら乾燥させて作ります。

生ハムや生ベーコンは、自宅でも作る事が出来ます。

※雑菌などの危険もあるのであくまで自己責任でどうぞ。

https://ws-plan.com/kunsei/reikun/kunseinamahamu.html

 

ちなみに自宅で作る場合、乾燥させるためにはピチットシートという商品を使って水分を抜くのが手軽でおすすめです。

 

元々は保存食

チャーシュー、ハム、ベーコンの歴史に関しては所説ありますが、その起源は、今から紀元前までさかのぼると考えられています。

生ハムに至っては、一説によると紀元前3500年頃には既に誕生していたと考えられています。

・・・恐ろしいほどの歴史がありますね(汗)

 

そもそも、何故そんなにも長い歴史があるのかというと、チャーシュー、ハム、ベーコンなどは保存食として誕生したからです。

昔は冷蔵庫なんてものはありませんでしたから、貴重なタンパク源である肉を長期保存するために塩漬けし、それにより雑菌の繁殖を防いでいました。

たまに飲食店で生ハムの原木をディスプレイとして飾っているお店もありますが、常温で保存できるのも高塩分濃度のおかげです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

チャーシュー、ハム、ベーコンは同じ豚肉を使った食べ物ですが、その作り方に違いがあります。

まぁ作り方は違えど、どれも美味しいんですけどね^^

 

ちなみに生ハムの原木はAmazonも購入可能です。

塩分の過剰摂取が怖いですが、生ハム好きの方は是非どうぞ(笑)



-ラーメン知識
-, , ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.