ラーメン知識

中華麺と焼きそば麺|使い方と作り方の違いとは

投稿日:

中華麺 焼きそば麺 違い

 

忙しい時に便利な、中華麺や焼きそば麺。

ひと手間かけるだけで、おいしい麺料理が楽しめる便利な食材です。

 

でも、不思議に思ったことはないでしょうか?

「中華麺と焼きそば麺、何がどう違うの?」

見た目はほとんど同じですが、何か違いはあるのでしょうか?

ということで、
中華麺と焼きそば麺|使い方と作り方の違いとは
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

使い方の違い

まず気になるのは、それぞれの使い方ですよね。

もっと言えば、

  • 「中華麺で焼きそばは作れない?」
  • 「焼きそば麺でラーメンは作れない?」

というところです。

 

結論から言うと、中華麺でも焼きそばは作れますし、焼きそば麺でもラーメンは作れます。

ですが、麺の特徴によって使い方に少々差があります。

では、詳しく見ていきましょう。

 

中華麺の使い方

中華麺はよくラーメンや冷やし中華に使われます。

コシがあって、ゆでてから汁物に入れたり、水でしめたりするとおいしく食べられます。

これ一つでいろいろな食べ方ができる麺ですね。

 

もちろん焼きそばにも使えますが、そのまま使うと固まりやすいです。

せっかくの麺がぶつ切りになってしまうのは、もったいないですよね。

焼きそばに使うときは、蒸してから使うのがおすすめです。

>>>人気の中華麺おすすめ市販品ランキング|いろいろな食べ方で楽しもう!

 

焼きそば麺の使い方

焼きそば麺はもちもちとした食感が特徴です。

ほぐれやすく、炒めて使うのに最適です。

名前の通り、焼きそばに向いた麺ですね。

 

ラーメンにも使えますが、中華麺とのゆで時間の違いには注意しましょう。

もともと柔らかいので、長時間ゆでるとさらに麺がふにゃふにゃしてしまいます。

サッとゆでて、あまり水っぽくならないように使うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

作り方と原料の違い

使い方の違いを見てきました。

「見た目はほとんど同じなのに、どうしてこんなに違うの?」

と思われた方は多いのでは?

どうやら、作り方や原料に差がありそうです。

次はそのあたりについてご紹介します。

 

中華麺の作り方と原料

中華麺の原料は、

  • 小麦粉
  • かん水
  • 卵黄

です。

これらの原料を混ぜて、よくこねてから延ばして細切りにしたのが中華麺です。

かん水を使うことで、汁物によく合う、中華麺独特のコシや風味が出ます。

コシのあるラーメンは、こうした作り方や原料から生まれているのですね。

 

焼きそば麺の作り方と原料

焼きそば麺も、原料は中華麺と同じです。

作り方も細切りにするところまでは同じです。

最も大きな違いはその後です。

 

細切りにした後に、蒸して油をまぶせば焼きそば麺の完成です。

蒸すことで、焼きそば麺特有のもちもちした食感が出るようになります。

さらに油をまぶすと、炒めたときに麺がほぐれやすくなります。

まさに「焼きそばのための麺」ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、中華麺と焼きそば麺の違いについて見てきました。

味や食感、使い方に差はありますが、アレンジの仕方は自由です。

それぞれの特徴にあった、おいしい食べ方をぜひ探してみてください。



-ラーメン知識
-, ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.