その他麺類

寒天とところてんの違いはどこに?作り方や原料から解説!

ところてん 寒天 違い

つるつるっとした喉越しと、サッパリ感が魅力のところてん。

カロリーもほとんど無いので、ダイエット中のおやつとしても人気ですね。

対して、デザートの名わき役、寒天。

みつやクリームと共に口の中を賑わせてくれますよね。

しかし、その透明な見た目から、寒天とところてんってなんとなく同じ物だと思っていませんか?

実は、寒天とところてんは同じようで違うのですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

寒天とところてんの違いまとめ

寒天とところてんの一番の違いは、作り方にあります。

また、そのほかにも様々な部分で異なってきます。

それぞれ見てみましょう。

ところてんの作り方

ところてんは、原料となる天草(てんぐさ)という海藻を煮て、冷やし固めた物です。

食べる際には「ところてん突き」という道具で、細長く突き出して麺のようにして頂きます。

スーパーで売られているパックの物は、すでに麺の状態になっていますね。

ところてんの原料の天草や、ところてん突きはネットでの取り扱いがあるので、自宅で作ることも可能ですよ。

既製品を買ってしまうのも良いのですが・・・

自分でチャレンジしてみると絶対楽しいですよ。

ところてん突きのあの感覚は、一度やったら忘れられない気持ちよさがあります(笑)

寒天の作り方

寒天は、突き出す前の棒状のところてんを凍らせて乾燥させた状態の物。

江戸時代に、屋外に放置していたため凍って白っぽくなったところてんが、寒天となって広まったと言われています。

産地の違い

ところてんは原料が海藻のため、伊豆などの海沿いの地域で主に作られています。

一方、原料こそ同じものの寒天は、主に内陸の長野県や岐阜県で作られています。

製造工程が違うので、主要な産地も違うのですね。

おまけ:くず切りとの違い

ちなみに、ところてんや寒天によく似た食べ物の「葛切り」。

葛切りは、葛(くず)という植物から作られる「葛粉」からできています。

この葛粉を水で溶いて、加熱して固めた後に、細長く切ると葛切りになります。

 

葛粉の主成分はでんぷんなので、葛切りは100グラムあたり135キロカロリーもあります。

対して、ところてんや寒天は100グラムあたり3キロカロリーほどしかありません。

葛切りは、ところてんや寒天とはまったくの別物ですね。

黒蜜をかけたくず切りは美味しいですが・・・

健康の為にはところてんや寒天で代用した方が良さそうです。

成分と食感の違い

ところてんは、天草を煮出して固めた物なので、食物繊維が豊富で海藻のミネラルも少量含まれます。

しっかりとしたコシもありますね。

手作りのところてんは、天草の甘みや磯の風味まで感じられます。

 

対して寒天は、凍らせて乾燥していく過程で、独特の磯の香りやミネラル分は抜けて、色もより透明に近くなっていきます。

寒天を戻してゼリー状にしても、ところてんほどのコシはありません。

食物繊維はところてんと同じく、寒天にも豊富に含まれています。

 

スポンサーリンク

 

ところてんと寒天の食べ方色々

ところてんを食べる時の味つけは、地域によってさまざまです。

関東より北では主に、酢醤油にからしを添えていただきます。

関西では黒蜜をかけて頂くので、和菓子のような扱いです。

他に、甘めの三杯酢や、出し汁で味付けして食べる地域もありますよ。

 

寒天にも様々な食べ方があります。

中でもメジャーな食べ方はやっぱり、砂糖で甘く味付けしてデザートとしてですね。

常温でも固まったままなので、和菓子の装飾などにも使われています。

食物繊維が入った寒天は、カロリーが低くても満腹感を得られるという特徴もあります。

そのため、スープに入れて食べる細長い「糸寒天」は、ダイエット食としても人気です。

created by Rinker
伊那食品
¥1,037 (2019/11/13 03:48:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ところてんも寒天も、おおもとの原料は「天草」です。

できる順番としては、ところてんから寒天ができるという事がポイントです。

最近では寒天でつくったゼリーで、ところてん風のデザートを作ることもあります。

この場合は「ところてん風の寒天ゼリー」ということになります。

なんともややこしい話ですね(笑)



-その他麺類
-, ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.