ダイエット麺類まとめ

しらたきとこんにゃくは同じ!作り方の違いに秘密があった!

しらたき こんにゃく 違い

おでんやすき焼きの名脇役とも言える「しらたき」。

100グラムあたり6キロカロリーと低カロリーなので、ダイエットフードとしても人気です。

低カロリーの秘密は、原料のコンニャクイモ。

イモはイモでも、食物繊維が主成分なのです。

コンニャクイモは、しらたきとこんにゃくの原料ですがこの二つ、全く違った形状をしていますね。

というのも、しらたきの製法には特徴があるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

しらたきとこんにゃく|固め方の違い

しらたきとこんにゃくの製造方法は、少し異なります。

コンニャクイモを精製して作られた「精粉」に水や「水酸化カルシウム」を混ぜる所までは同じです。

ポイント

  • こんにゃく:型に入れて固める
  • しらたき:シャワーのようにお湯の中に注ぎ入れて固める

しらたきの製造過程は白い滝のようにも見えるので、しらたきという名前が付きました。

ちなみに、しらたきそっくりの糸こんにゃく。

しらたきは関東生まれですが、糸こんにゃくは関西生まれ。

糸こんにゃくは以前、こんにゃくを細く切って製造されていました。

現在はしらたきと同じ作り方をしているので、呼び名が違うだけで同じモノだと言えます。

 

しらたきとこんにゃくって色も違うけど・・・?

ところで、こんにゃくは黒い色をしていますね?しらたきはその名のとおり半透明の白い色をしています。

しらたきを白くするために、漂白をしているのでは・・と思いますが実はその逆

こんにゃくの方に着色しているのです。

 

昔の製法で作ったこんにゃくは黒っぽい色をしていたのが、その理由。

以前はコンニャクイモを皮のまますりおろして作っていたので、皮の色が混ざって黒ずんだ色をしていました。

現在の精粉を使った製法では、皮が混ざらないので白いこんにゃくが出来上がります。

 

ところが従来の黒いこんにゃくに慣れていた人々は、この白いこんにゃくに違和感を覚えてしまったのです。

そこで、ひじきなどの海藻の粉末を混ぜ込み、黒っぽい色に仕上げて販売するようになりました。

スーパーではあまりみかけませんが、コンニャクイモを皮ごとすりおろして作っている、昔ながらの生芋こんにゃくも販売されています。

こんにゃくの産地から遠かった東北地方には、生芋からできた黒いこんにゃくは流通していませんでした。

そのため精粉から作られた、白いこんにゃくが受け入れられて定着しました。

山形名物の玉こんにゃくも、煮込む前は白色をしていますね。

 

スポンサーリンク

 

しらたきの形状はダイエットにピッタリ

原料は同じ、こんにゃくとしらたき。

最大の違いは、しらたきが麺状になっていること。

板状のこんにゃくを1枚食べるのはキビシイですよね。

でも、しらたきなら1食分ペロリと食べられてしまいます。

 

白いしらたきと、黒いしらたき(糸こんにゃく)がありますが、見た目の良さからダイエット食としては白いしらたきが人気です。

日本だけではなく、イタリアやフランスでもしらたきは注目されています。

特にイタリアではZEN(ゼン)パスタと言って、乾燥させたしらたきが有名となっています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

しらたきとこんにゃく、同じ素材でも形が違うだけで、食べ方が大きく変わりますね。

しらたきは癖のない食材なので、和洋中を問わず色々な味付けで食べることができます。

こんにゃくも、青のりを混ぜ込んだこんにゃく刺しや、レバ刺しに似せた商品まであります。

こんにゃくもしらたきも日本が誇るヘルシーフード。

ぜひダイエットや普段のメニューにも活用したいものです。



-ダイエット麺類まとめ
-, ,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.