うどん

年明けうどん!?お正月を祝う新しいスタイルが登場!!新年はつるっと・・・?

更新日:

正月 年明けうどん

 

年末大晦日に食べるものと言えば、年越しそばです。

>>>『年越しそば』うどんじゃダメなの?歴史と由来が諸説多過ぎ・・・

 

そして、正月に食べるのは、お節料理、お餅、そして【年明けうどん(!?)】があります。

年越しそばは馴染みがあっても、年越しうどんは初耳という人も多いのではないでしょうか?

実は今、年明けうどんが新たな日本の食文化になろうとしています。

今回は、
年明けうどん!?お正月を祝う新しいスタイルが登場!!新年はつるっと・・・?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

年明けうどんとは

年明けうどんは年越しそばのように昔からある日本の食文化、、、というわけではありません。

比較的、、、いや、かなり新しい文化で、2008年頃から、さぬきうどん振興協議会が提唱、推進している麺食行事です。

 

まだまだ知名度は高くはありませんが、少しずつ認識されていっているようですね。

さぬきうどん振興協議会があるのは当然、うどん県こと香川県です。

 

香川を中心に一部の地域では、年越しうどんを食べる人もいるようですが、全国的にみると年越しそばに取って代わることが出来ないので、新しく年明けには『うどん』を食べる文化を広めようと考えだされたようです。

 

ちなみに讃岐うどんと言えば、2006年に公開された、映画『UDON』で注目を浴び、讃岐うどんブームが巻き起こりました。

私も香川までうどん食べに行きました(笑)

 

年明けうどんの始まりが2008年頃ということは、もしかしたらUDONブームから、さらなるブームを期待して、年明けうどんを推進し始めたのかもしれませんね。

 

※Amazonプライム会員なら見放題です。

▼▼まずは無料お試し▼▼

 

年明けうどんを食べる意味

年越しそばと同じく、年明けうどんにもゲン担ぎの食べ物です。

その由来、、、というほど深い歴史があるわけではないのですが、年明けうどん推進サイトによると次のような意味があるとされています。

うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきました。
「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

引用:https://www.toshiakeudon.jp

年越しそばにも同様に、そばが長いことから長寿を祈願する意味があるとも考えられています。

ただ蕎麦との差別化のために、『純白で清楚』ということもアピールしています。

 

・・・餅くっときゃ良くね?(笑)

 

年明けうどんはいつ食べる?普通のうどんでいいの?

年明けうどんを食べるのは元旦でなくてもいい

年越しそばは大晦日の夜に食べるのが定番です。

そのため年明けうどんと聞くと、「元旦朝一に食べなきゃダメなの?」と思いがちですが、そうではありません。

【元旦~15日までの間】に食べれば良いとされています。

 

基本的には普通のうどんで、トッピングには赤を入れよう

年明けうどんの定義は多くはなく、ただ唯一『うどんに赤いトッピングをのせる』という条件があります。

例えば梅干しや海老、他にも紅生姜など、とにかく赤いものであればいいとされています。

 

赤いトッピングを純白のうどんにのせることで、正月らしい【紅白】になり、見栄えも縁起も良くなります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

年明けうどんは、近年推進が始まった新しい食文化で、知名度はまだまだ高くないのが現状かと思います。

ただフェミニストである私的には、年明けうどんも年越しそばのように定番化すればいいなぁと思います。

なぜかというと、正月でもお母さん達は全然休めないんですよ。

親戚の集まりがあったり、子供達が学校休みだったり、普段は昼間いない亭主がずっと家でゴロゴロ酒飲んだりしていて、普段よりも忙しがったりするんですよね。

 

けど、うどんなら比較的簡単に作れるので、お母さん達の負担も少しはかるくなる!、、、はずです。



-うどん
-,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.