そば・うどんまとめ

年越しそばの歴史と由来が多過ぎて意味不明|うどんじゃダメなの?

年越しそば うどん

年末の恒例行事の一つに「年越しそば」があります。

大晦日は、ちょっといい夕飯食べて、晩酌して、締めに年越しそばを食べる、という贅沢ができるのでいいですよねぇ。

 

でも、そもそも何故大晦日に『そば』を食べるか知っていますか?

私も以前、「年越しうどんじゃダメなの?」と思って、年越しそばの由来について調べたことがあります。

すると、年越しそばを食べる理由がたくさんありました。

 

スポンサーリンク

 

 

年越しそばの歴史

今ではすっかり年末の風物詩となった年越しそば。

遅くとも江戸時代には、その文化が出来上がっていたと考えられる記録が残っています。

しかし年越しそばが定着する前の「起源」については、さらに時代を遡り、鎌倉時代もしくは室町時代に起源があったのではないかと考えられています。

起源説1 鎌倉時代の世直し蕎麦

福岡県の博多にある承天寺で、貿易商人である謝国明という人物が、貧しいなどの理由で年の瀬を越せない人たちに「蕎麦餅」をふるまいました。

この蕎麦餅を「世直し蕎麦」と称し、世直し蕎麦を食べた人が翌年から運が開けたということから、開運の食べ物として大晦日に蕎麦を食べるようになったというのが1つ目の起源説です。

起源説2 室町時代の増渕民部の歌

室町時代にいた増渕民部という人が、毎年の大晦日に「世の中にめでたいものは蕎麦の種、花咲き実りみかどおさまる」と歌い、そばがきを食べたことが起源とするのが2つ目の起源説です。

ちなみに蕎麦の種は三角形をしていて、三角形は「邪気を払う」「夫婦と子を表す」ということで、縁起がいいと考えられていました。

 

年越しそばを食べる理由

起源とは別に、食べる理由も見いだされてきました。

江戸時代以降には、次のような由来で年越しそばが日本文化に定着するようになったと考えられています。

ただし、その由来が諸説あり過ぎです・・・

その1:健康祈願

そばは雨風にさらされても、その後日光を浴びると、また元気になるから健康を願っている説。

その2:長寿祈願

そばが細くて長いことから、細く長く生きるという意味で長寿を願っている説。

蕎麦が五臓の毒を取ると信じられていたからという説。

その3:家内安全祈願

家族の縁が蕎麦のように長く続くようにと、家内安全を願った説。

その4:金運向上祈願

金銀細工師が金箔を伸ばす際、金粉銀粉を集める際に蕎麦粉を用いていたから、金を集める縁起物という説。

その5:縁切り祈願

蕎麦は細く切れやすいため、その年の悪運を断ち切って翌年に持ち越さないようにと願った説。

 

などなど色々な説がありますが、自分の好みにあった説を信じればいいかなと思います。

結局、日本の行事やゲン担ぎって、ダジャレみたいなのばかりですからね(笑)

 

スポンサーリンク

 

年越しうどんを食べることもある

一般的には大晦日に食べる年越しそばが有名ですが、地域によっては年越し「うどん」を食べる地域もあります。

だいたい想像がつくと思いますが、うどん県こと香川県です(笑)

 

ただし、香川でも年越しうどんが完全に定着しているわけではなく、20%ぐらいの人が年越しそばではなくうどんを食べているそうです。

それでも多いですけどね。

なんか単純に「年越しだから」って訳ではなく、普段から毎日20%以上の人がうどん食ってるだけじゃね?とも思えますが・・・(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

年越しそばを食べる理由、ゲン担ぎの内容には様々あります。

これだけ色々なゲンを担ぐと考えると、もはや年越しそば一つで、世の中の大概の問題は解決できそうな勢いですね(笑)

年越しそばを食べる理由の諸説がたくさんあるのは、そば関連業者が後付けでそれっぽいことを色々考えたからではないかなぁと考えられますね。



-そば・うどんまとめ
-,

Copyright© めんおぶらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.